soranoriの畑

ゆるく

AWS S3にゆるく入門 ~S3の外部接続~

AWS Storage Gateway

AWS Storage Gatewayを使用してオンプレミス環境とS3を接続する
AWS Storage Gatewayを使用してオンプレミス環境とS3を接続する

標準的なストレージプロトコルを利用して外部システム環境(自社オンプレ等)とAWSのストレージサービスを接続するサービス。 AWSが持つ機能や性能を活用できることが大きな利点。

  • 標準的なストレージプロトコルを活用してオンプレ環境等とシームレスな統合ができる
  • キャッシュを活用した低レイテンシーなアクセスが可能
  • 堅牢性や拡張性が高く低コストなAWSストレージサービスを利用できる
  • AWSが持つモニタリング・セキュリティ機能と統合してインフラ管理できる

用途

  • ビッグデータ処理やシステム移行のために一時的にデータを保存したいとき
  • バックアップやアーカイブ、災害対策としてAWSにデータを保持しておきたいとき

タイプ

利用するデータタイプに応じて3つのゲートウェイを利用する。

  1. ファイルゲートウェイ

    • オンプレ環境のファイルやデータStrage Gateway経由でS3のオブジェクトとして格納したい時に使う
    • 更新データは非同期でAWSに転送される
    • S3のライフサイクルポリシー、バージョニング、クロスリージョンレプリケーションなどのS3の利点を活用できる
  2. ボリュームゲートウェイ

    • オンプレ環境のディスクデータをStrage Gateway経由でS3にSnapshotを取得してAWS環境を使ったDisaster Recoveryをしたい時に使う
    • オンプレ環境のローカルディスクのバックアップが自動的に実施できる
    • 新データは非同期でAWSに転送される
    • オンプレ環境側のStrage Gatewayへリストアできる
    • AWS上でEBSディスクへのリストアも可能
  3. テープゲートウェイ

    • Strage Gateweyを仮想テープライブラリとして利用することで堅牢性の高い外部保管バックアップストレージを実現している
    • バックアップデータをS3およびGlacierに格納
    • 安価にバックアップやアーカイブを実施したい時に使う

S3 Transfer Acceleration

クライアントとS3バケット間の長距離にわたるファイル転送を簡単かつ安全・高速に実施できる。 下記のようなユースケースがある。

  • 一つのバケットに対して世界中からファイルアップロードが行われる
  • 大陸間で定期的にGBからTB単位のデータを転送する

Snowball

物理ストレージデバイスを使用し、オンプレのデータをAWSへ移行することができる。データは強制的に暗号化され、保管中や輸送中のデータが保護されている。
バイス自体はAWSに依頼すると借りることができる。